AGA治療の方法と費用

様々なAGA治療薬AGAの治療法と言うのは、AGAの症状を特定するための遺伝子検査を受ける事が重要と言われています。医薬品による処方薬にはプロペシアと言う発毛剤を利用する事になりますが、プロペシアは5α-還元酵素を阻害する医薬品であり、AGAの症状を引き起こす原因となる物質を阻害する事で脱毛症をストップさせて、発毛を期待する事が出来るようになります。尚、AGAは男性特有の薄毛では在るのですが、女性にも瀰漫性脱毛症と呼ばれている薄毛が在り、遺伝子検査を受ける事で脱毛症の原因を特定する事が出来ると言われています。但し、プロペシアは男性脱毛症の症状を持つ場合に有効となる医薬品で、女性の瀰漫性脱毛症に対しての効果が無い事、プロペシアは男性機能を低下させると言う副作用が在り、妊娠している女性や妊娠している可能性が在る女性が服用若しくは錠剤に触れる事で胎児への悪影響を及ぼすなどからも、専門病院での処方は行われていないのが特徴です。因みに、AGAの治療にかかる費用と言うのは自由診療の扱いになる事からも、全額自己負担となります。そのため、薄毛=AGAと自己判断を行って、個人輸入代行業者が運営を行っている通販店でプロペシアのジェネリック品を購入し、治療を考えるケースも在りますが、個人輸入代行業者の中には悪質な業者も存在しているため、利用される場合には評判を確認する事が大切です。また、治療に利用するプロペシアのジェネリック品はAGAの薄毛に対しての効果を期待出来るものであり、病院での遺伝子検査や血液検査を受ける事、症状を特定する事などが大切です。尚、女性の瀰漫性脱毛症やAGA治療の方法にはHARG療法と呼ばれている治療法も在り、HARG療法による薄毛治療は色々な薄毛に対しての発毛および育毛効果を期待出来ると言われています。

AGAになりやすい人の特徴

AGAの男性まず挙げられるのが遺伝です。一親等や二親等などまんべんなく現れることもありますが、出ないこともあります。ただ遺伝が左右されやすいということは研究からわかっています。男性ホルモンが強い人もこの傾向ありますが、性欲が強く毎日性行為をしているような人が特別AGAになりやすいわけではないと言われています。今後の研究によってその根拠が証明されるでしょうが、現在では不確かな証拠になっています。また体毛が多い人がなりやすいなんて言われていますが、これも特徴になるでしょうが根拠はありません。生活習慣が不規則な人にAGAになりやすいと言われています。髪の成長は夜の10時から深夜2時までが適していると言われていますが、夜勤が多い人はAGAになるリスクが高まるようです。また暴飲暴食や食生活が不規則で、血流が悪くなる原因のタバコを吸う人もAGAになりやすいと言われています。ただしそのような生活環境で毎日を過ごしている人であっても、フサフサな人はたくさんいますので、あくまでも特徴です。結局のところ不確かなことでAGAになるようです。ただし最近はAGA専門クリニックで遺伝子を調べる検査もありますので、そのようなものを使えば、なりやすい特徴がわかるでしょう。また治療方針を立てやすいことから、本格的な治療を受けたい人におすすめの検査になっています。従来の医薬品よりも、効果が高い医薬品が開発されていますので、改善したい気持ちがあれば回復する可能性もあります。確かなAGAになりやすい人がわからないことから、抜け毛が多くなったりする兆候によって自身の危機を感じるのが適しています。もし感じた場合は、早急に治療を開始した方が改善をする確率も高くなるでしょう。
■AGA治療に高い効果があるプロペシアを見てみましょう
プロペシアのセット価格は?
■AGA治療薬は通販で買って、髪の悩みを解決!
AGAは治る、抜け毛は止まる

AGA関連記事